トップ > タイミングベルト > タイミングベルトの低速回転時の幅の選定法

タイミングベルトの低速回転時の幅の選定法

タイミングベルトを使用しパルスモーター等で100rpm未満で運転する場合 使用するベルト幅の選定方法
(メーカーカタログには100rpm未満で運転するときのベルト幅選定については記載されていない。)

計算方法
 計算に必要な項目
 PB:ベルトの有効張力(kg/単位幅当り)
   -------------------------------------------------------   
   ベルトタイプ T5  T10  XL  L  H
   -------------------------------------------------------    
      PB   5kg/cm 15kg/cm 18.6kg/cm 24.9kg/cm 63.5kg/cm
--------------------------------------------------------
 T :モータートルク (kg・cm)
 d :モーター軸側プーリーピッチ径(cm)
 k :機械負荷係数 (通常1.8~2.0 詳細はメーカーカタログ参照)
 F :かみあい歯数補正係数
    かみあい歯数  6以上   5    4    3    2
    -------------------------------------------
      F        1   0.8  0.6  0.4  0.2
-------------------------------------------

WF :ベルト幅係数
- ----------------------------------------------
    ベルト幅(mm) 5  10  15  20  25  30  40  50
   ------------------------------------------------
    WF T5 0.35 1.0 1.6 2.3 - - - -
------------------------------------------------
WF T10 - 1.0 1.6 2.3 2.9 3.5 4.6 5.8
-------------------------------------------------

計算
  設計張力 PM=[T÷(d/2)]xk

  WF> PM/(PBXF)

このWFからベルト幅を求める。



 モーター回転 30rpm モータートルク6.5kgcm モータープーリー径14T(T5)
 プーリー減速比 1:3 使用ベルト T5を使用するときのベルト幅を求める。

  PM=[6.5÷(2.228/2)]x1.8=10.5
  WF>10.5/(5X1)
WF> 2.1
  上表より 20mm幅のベルトを使用すればよい。


この記事のカテゴリーは「タイミングベルト」です。
関連記事

タイミングベルトの低速回転時の幅の選定法

タイミングベルトを使用しパルスモーター等で100rpm未満で運転する場合 使用す...