トップ > 管に樹脂被覆 > 管に樹脂を被覆する方法

管に樹脂を被覆する方法




鉄やアルミ管の表面にポリエチレン、ポリプロピレン、塩ビ、ABS、ウレタン等のプラスチック樹脂をコーティングする方法について説明します。
これは押出し成型機を使い プラスチックをペレットから溶融しスクリューで押出し、その出口に写真のような金型をとりつけます。
この金型の中を解けた樹脂が通り金型の出口で鉄やアルミ管の表面に樹脂を載せていきます。
鉄管に樹脂を載せる厚みは出口の金型の寸法で調整します。


樹脂のパイプに樹脂をコーティングすることもできます。
また 電気のコードもこの方法で製作されます。銅線に樹脂を被覆します。

  

この記事のカテゴリーは「管に樹脂被覆」です。
鉄やアルミ管の表面にポリエチレン、ポリプロピレン、塩ビ、ABS、ウレタン等のプラスチック樹脂をコーティングする方法について説明します。
関連記事

管に樹脂を被覆する方法

鉄やアルミ管の表面にポリエチレン、ポリプロピレン、塩ビ、ABS、ウレタン等のプ...