トップ > 家庭用立体駐車場 > 家庭用立体駐車場の設計

家庭用立体駐車場の設計


上記立体駐車場装置は油圧ポンプを電動モーターで駆動して上昇します。
サイドブレーキ確認後 エンジンを切って下車。
上昇は操作レバーを動かすだけで定位置まで上昇して停止します。

下降時は 安全キーを差込み操作レバーを反対に動かすだけで 無騒音で下降します。
モーターの容量は0.75kwで上昇する車の重量は約2000kgまでOKです。

次に安全装置ですが 上に上がると自動にロックがかかり仮にシリンダーの油が漏
れても下に下がらないようになっています。
このロックを外し 下降するときはレバー操作で簡単に出来ます。

昇降ステージを支える支柱は2本で シリンダーは片側1本です。
昇降台を水平に上昇させるために2本の支柱の間に昇降台をささえるチェーンをは
わしてバランスをとりました。

電源は 家庭用200V単相で これを 機械内のインバーターで単相を三相に変
換してモーターに電源を供給しています。


電源 単相 200V、モーター 0.75KW



図示

上記立体駐車場装置は油圧ポンプを電動モーターで駆動して上昇します。
サイドブレーキ確認後 エンジンを切って下車。
上昇は操作レバーを動かすだけで定位置まで上昇して停止します。
同時に安全ロックが自動に作動します。
下降時は 安全キーを差込み操作レバーを反対に動かすだけで 無騒音で下降します。
電源 単相 200V
モーター 0.75KW 油圧ポンプ駆動用
インバーター使用

図の説明
Aは油圧シリンダー 1本
Bは 車の昇降ステージ
Cは 安全ロック
Dは 操作レバー
Eは 電源ケーブル


フレームの強度 と支柱の精度が重要になってくる。
昇降台の平行は 別にチェーンにより行っている。

この記事のカテゴリーは「家庭用立体駐車場」です。
上記立体駐車場装置は油圧ポンプを電動モーターで駆動して上昇します。 サイドブレーキ確認後 エンジンを切って下車。
関連記事

家庭用立体駐車場の設計

上記立体駐車場装置は油圧ポンプを電動モーターで駆動して上昇します。 サイドブレ...