トップ > 自動テープ貼り機 > 自動テープ貼り機の設計

自動テープ貼り機の設計


図示

この機械は 丸パイプに自動に反射テープを貼っていく機械です。
パイプ長さ 約2mの間に等間隔に6箇所貼ります。
反射テープ送り込み装置は この写真の機械では 3個装備されています。
これは 1本当たりの処理時間の短縮のためです。(パイプ1本当たり 6箇所貼る時間は 18秒です。)
価格は安くしようと思えば送り込み装置を1個にして 順送りすれば機械代は安くなりますが 1本当たりの処理時間が 約45秒と長くなります。

機械の説明
Aはテープ送り込み装置の送りモーター(サーボモーター 0.75KW)
Bは反射テープの供給リール
Cは 反射テープの台紙の巻き取りリール
Dは パイプを1本づつテープ貼りの位置に移動するための円盤モーター
Eは 円盤
Fは パイプを並べている 供給シュート
Gは 反射テープを 定寸にカットする カッター装置
Hは パイプにテープを巻きつけるためのローラー
Iは テープを一定寸法分送り 台紙を引き取るローラー
Jはパイプを持ち上げHのローラーにパイプを押さえつけるエアーシリンダーと連結されたローラー
 
このテープ貼り機の設計上のポイントは テープのカッターです。テープには 反射をさせるため ガラスビーズが入っており 従来に刃物では 耐久性がありません。
次にカットしたテープの先端をパイプまで導くための方法です。テープののり面が機械の部品に触れないようにして送る必要があるためです。
1つのモーターで テープ送りと台紙の巻きつけを行うため 巻きつけ径が大きくなるとその分スピードの違いをどこかで吸収しておかないと台紙が切れる恐れがあります。

この記事のカテゴリーは「自動テープ貼り機」です。
この機械は 丸パイプに自動に反射テープを貼っていく機械です。 パイプ長さ 約2mの間に等間隔に6箇所貼ります。 反射テープ送り込み装置は この写真の機械では 3個装備されています
関連記事

自動テープ貼り機の設計

図示 この機械は 丸パイプに自動に反射テープを貼っていく機械です。 パイプ長さ...