機械設計とは,機械を作り上げていく一つの過程であり,「頭の中で考えたものを実際の形にするため,それに対する思考をまとめ上げていくこと」である。
一般的に「機械を作る」ための流れは,発案,設計,製図,製作となる。すなわち,ある問題に対してそれを解決するためのアイデアを「発案」し,それを一つの機械にまとめるために様々なことを考え(設計),実際に作る機械の図面を描き(製図),機械を完成させる(製作)。設計と製図とは密接な関係があるため,混同されやすいが,全く異なるものである。

Powered by Ayapon RSS! オススメ ホームページ制作福岡 相撲



カスタム検索

製造ラインにおける機械設計の心得カテゴリー

卓上カット機

自動穴あけ巻取り機

タイミングベルト

インバーターモーター

連続カット機

パイプ自動供給機

パイプ自動供給機の設計についての説明

自動テープ貼り機

この機械は 丸パイプに自動に反射テープを貼っていく機械です。 パイプ長さ 約2mの間に等間隔に6箇所貼ります。 反射テープ送り込み装置は この写真の機械では 3個装備されています

軟質チューブ巻取り機

連続で送り出される丸の樹脂チューブや軟らかい樹脂などを整列して巻き取る装置です。

管に樹脂被覆

鉄やアルミ管の表面にポリエチレン、ポリプロピレン、塩ビ、ABS、ウレタン等のプラスチック樹脂をコーティングする方法について説明します。

樹脂パイプ端面の面取り

これは樹脂の丸パイプ製造ラインにおいて定寸にカットされたパイプの端面の外と内を同時に面取りするための装置です。

プラスチック竹の製造

プラスチックで竹を製造する装置について説明します。

家庭用立体駐車場

上記立体駐車場装置は油圧ポンプを電動モーターで駆動して上昇します。 サイドブレーキ確認後 エンジンを切って下車。

ポストカード機の設計

はがきに写真を貼り付けします。 電気不要 はがきは30枚ストック 貼り付けは両面テープ ハンドルを回すとはがきが1枚づつ送られる 写真の先端をはがきの先端が蹴ることにより先端が揃われ貼り付けを行う。

3インチ紙管の固定

機械設計のための便覧

機械設計に必要な便覧の紹介

auto cad

機械設計に必要なcad

リンク集

製造ラインにおける機械設計の心得Pick Up!

タイミングベルトの低速回転時の幅の選定法

タイミングベルトを使用しパルスモーター等で100rpm未満で運転する場合 使用す...

簡単な3インチ紙管の固定法

テープや薄いシートなどの巻き取りにほとんど使われている内径3インチの紙の管を使う...

インバーターの選定について

インバーターの選定について 標準仕様に記載している適用モータ出力を参考に、モー...

連続カット機

連続で流れているチューブ等をカットするための装置です。 カットの1サイクルは最...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「」です。

この記事のカテゴリーは「卓上カット機」です。

この記事のカテゴリーは「自動穴あけ巻取り機」です。

この記事のカテゴリーは「自動穴あけ巻取り機」です。

カテゴリー
サイト内検索